癌治療の民間療法にハマる旦那

こんにちは。美聖ですニコニコ

 

 

 

 

旦那のガンの摘出手術も無事終わり

 

なんとかお正月を家族3人(と犬1匹)で迎えることが

 

できた我が家。

 

 

 

 

 

経過も順調そうで

 

そりゃ~お腹の真ん中をザックリ切ってるから

 

傷跡は痛いのは仕方がないけど

 

 

 

 

 

これで、辛い抗がん剤もしなくていいし

 

良かった音譜良かった音譜音譜

 

後は、痛みが取れたら

 

今まで、行けなかったところにでも旅行に行きたいねニコニコとか

 

言ってました。

 

 

 

 

 

この頃から、旦那は癌の再発を恐れて

 

民間療法もいろいろと試すようになった。

 

 

 

 

 

飲尿療法でしょ~

 

なんか、謎なサプリメントでしょ~

 

そして、今でも思い出したくないほどイヤだった、

 

「ニンジンりんごジュース叫び

 

 

 

 

 

旦那じゃなくて、なんで私がイヤだったかというと

 

ニンジンをですね、一日20本ジューサーにかけるんです。

 

(リンゴは2個だったかな?)

 

 

 

 

 

ここで問題が、当時の私がマクロビアンだったってこと。

 

基本的に使うお野菜は無農薬。

 

だけど、お財布事情も考えたら、そんなことも言ってられないのが

 

パンピーではないですか笑い泣き

 

(けっこうお高い有機野菜 笑)

 

 

 

 

近くのスーパーで売ってるお野菜で特に根菜類は

 

普通より厚めに皮を剥いて使えば

 

「ん~~・・・OK爆  笑チョキ」と私のマクロビの師匠は言ってくれていたから

 

忠実に守っていたんですけどね。

 

 

 

 

それは、普通のお料理の時の話しでですね、

 

毎日ニンジン20本・・・来る日も来る日も・・・

 

ムキムキ・・・ムキムキ・・・

 

手の皮めくれるほどでしたわ笑い泣き

 

 

 

 

それが、ず~~~~~~っと結局一年近く毎日してました。

 

私がえーん

 

 

 

 

 

最初は旦那が「僕の身体のことやから、僕がやるなウインク」って言ってたんですが

 

そこは、へなちょこな旦那・・・

 

数日で、「手が痛い~~汗」とギブアップ。

 

で、案の定、私がすることに。

 

 

 

 

 

その内、旦那がガンガン痩せてきちゃって

 

力が入らないから「今日は体調いいし、僕がやる!」と言っても

 

10本目くらいでギブ・・・ぼけー

 

そうなるのん、わかってるし

 

自分がやろうって気持ちはあるから

 

いいんですけどね・・・。

 

 

 

 

 

 

もう、今でも私・・・正直ニンジン見たくありません(笑)

 

 

 

 

 

食事療法とニンジンりんごジュース(やその他モロモロ・・・)のせいで

 

この頃から旦那の体重はガンガン落ちて

 

ガリガリになっちゃいました。

 

 

 

 

 

前にも書いたけど元々はポッチャリ・・・というか

 

体重100kg越えてる時もあるくらいのおデブちゃんだったのに・・・。

 

 

 

 

 

そんな時、すごく久しぶりに旦那の整体の愛弟子さんが

 

訪ねてこられたんだけど

 

旦那の変わりっぷりにビックリビックリマークしてはる。

 

(そりゃそうだわなアセアセ

 

 

 

 

 

「先生!癌が進行して痩せていく人はいてるけど

 

あえて、自分から激やせする人なんて僕、見たことないですよ!

 

体力落ちちゃうからやめたほうがいいですよ!!」と心配してくれてた。

 

その頃の旦那は動物性の食品は一切取らず

 

お米は玄米。

 

量は少量って食生活を一貫してやっていた。

 

マクロビアンの私もビックリびっくりな徹底ぶりで。

 

 

 

 

 

だけどね、なんちゃってマクロビアン、世の中に多いよ。実は。

 

だって、辛いもん。急に食事を変えるのって。

 

人間の3大欲求の一つだからね、食欲。

 

だから、知識のある人の指導に沿って

 

ゆる~くから始めないと、反動もすごかったり

 

かえって体を壊すことだって充分ある。

 

私も旦那に一生懸命、力説したけど

 

聞き入れない笑い泣き

 

 

 

 

 

自分が「これだ!」と思ったら、絶対やり遂げる人だったのも

 

わかってたから、あきらめてたけど。

 

何かに取りつかれた様にやってた。

 

 

 

 

転移するの・・・すんごいイヤだったからだろうなショボーン

 

 

 

 

 

とにかく、私にできることは何でもして

 

旦那には、あんまり無理をさせないようにするので

 

精いっぱいだった。

 

 

 

 

 

そして、旦那は

 

お医者様なんだけど

 

民間療法で癌の治療を推進しているクリニックを見つけ

 

「ここが僕が求めていた病院だ!」と即、治療をお願いして

 

ビタミンCを点滴したり、食事療法のアドバイスをしてもらったりして

 

その病院に通うことになり

 

とても喜んでいました。

 

 

あの日までは・・・。

 

 

つづくドキドキ