末期ガン闘病記

看病の最強の協力者 突然現る!

こんにちは。美聖ですニコニコ

 

 

 

 

 

緩和ケア病棟の病室に入院した夫。

 

そして、主治医の先生から

 

旦那は、あと3カ月もたないと宣告された私。

 

 

 

 

 

翌日、気力を奮い立たせて

 

元気な顔(だと私は思っている)で病室の扉を開けながら

 

「おはよう~ニコニコ調子どう~~はてなマーク」と旦那が一人でいるはずであろうベットに顔を向けると

 

「あら~~音譜」と病室の違う方向から

 

女性の甲高い声が・・・キョロキョロ

 

 

 

 

 

あれ??どっかで見た顔・・・

 

誰だっけ・・・会ったのは初めてなんだけど・・・

 

 

 

 

 

 

あ~~!旦那がいつも写真を見せてくれてた前妻さん!!

旦那との娘ちゃん!!

 

 

 

 

 

ビックリしてポカンガーンとしている私に

 

「美聖さん、はじめまして~~~音符」ととってもうれしそうに駆け寄ってくれた前妻さん。

 

ベットの上で、ものすごく複雑な顔してる旦那(笑)

 

 

 

 

 

 

「会いたかったわ~爆  笑やっと会えた音譜」と言ってくれて

 

私も、なぜか(って変だけど 笑)とってもうれしくって

 

固い握手を交わしましたニコニコ

 

 

 

 

 

 

それにしても・・・

 

娘ちゃんは当時10才。

 

その時、私の娘は4才。

 

たぶん、ウチの子が10才くらいになったらこんな顔になってるやろ~な~と思うくらい

 

顔そっくり!!(笑)

 

旦那の遺伝子って濃い~のね・・・と思ったら

 

おかしくって吹き出してしまったチュー

 

 

 

 

 

 

たまたま学校がお休みで2人でお見舞いに来てくれたらしい。

 

そして、たまたま旦那が入院している病院が前妻さんのお家から

 

自転車で10分の距離らしくて

 

朝一で来てくれたらしい。

 

 

 

 

 

 

「この人(旦那のこと)強がりやけどアカンたれやから

 

美聖さん、大変でしょ(笑)」とか前妻さんが言う爆  笑

 

私、爆笑。

 

旦那、苦虫を噛み潰したような顔

 

・・・みたいな(笑)

 

 

 

 

 

 

病室に来るまで

 

旦那の前で落ち込んでる顔見せたらアカン・・・と

 

凹む気持ちを無理やり一人で盛り上げて

 

覚悟して病室のドアを開けてたくらいなのに

 

前妻さんの明るさと勢いにメッチャ気持ちが救われた。

 

 

 

 

 

 

旦那が娘ちゃんとおしゃべりしてたので

 

「旦那のお茶、新しいのをもらってきますニコニコ」と言って

 

病室を出たら、後から前妻さんが追いかけてきてくれて

 

廊下の隅っこに呼ばれて

 

 

 

 

 

 

「美聖さん。緩和病棟に入院ってことは

 

あの人、だいぶ悪いんかな?」と聞いてくれた。

 

私が

 

「昨日、主治医の先生に私だけ呼ばれて

 

あと3カ月もたないだろうって言われました。

 

 

 

 

 

 

今まで、先生も私も旦那本人に現状を全部告知してきたけど

 

もう、本人の気持ちを考えたら

 

あえて本人には伝えなくていいんじゃないか?と言われて。

 

私もそう思ったので、本人には言ってません。」と前妻さんに説明すると

 

 

ガバッ!!

 

突然、前妻さんに抱きしめられたびっくり

 

 

 

 

 

 

そして

 

「美聖さん。よ~ひとりで今まで頑張ったねえーん

 

辛かったよねえーんえーん

 

私、何でも力になるから!

 

今日からは一緒にガンバロ!!」って

 

言ってくれたの~~~えーんえーんえーん

 

 

 

 

 

 

もう・・・何かはわからないけど

 

何かが決壊したかのごとく

 

心の中からあふれてきて

 

大人なのに、子供みたいにうゎんうゎん泣いてしまった。

 

 

 

 

 

 

その間、前妻さんはずっと私を抱きしめながら

 

「大丈夫だから。

 

美聖さん、もう一人じゃないから。

 

私が守ってあげるから。」って

 

背中をトントンしてくれてた。

 

 

 

 

 

 

ぬぁぁぁ~~~叫び

 

 

 

 

 

2年以上経っても思い出したら

 

未だに涙で前が霞むワィ!

 

 

 

 

 

 

突然ですが、ソウルメイトって信じますか?

 

(あ~なたは~神を~信じ~ますか~?じゃなくて 笑)

 

 

 

 

 

 

世の中には魂と魂が生まれる前から結びついている人がいるらしくて

 

初めて会ったのに初めての気がしないくらい

 

初対面からしっくりくる人がいるらしい。

 

それをソウルメイトと呼ぶらしい。

 

 

 

 

 

変な関係で出会ったけど

 

私と前妻さんはたぶんソウルメイトだと思う。今でも思う。

 

 

 

 

 

 

旦那から前妻さんの話はよく聞いていた。

 

旦那は前妻さんのことは

 

たいがい、ボロッカス言うてたウシシ

 

「強欲」だの

 

「旦那にはケチなのに自分のことにはポンポンお金使う」だの

 

「ごっつい気が強い」だのだの・・・。

 

 

 

 

 

 

だけど、それを聞いても私は一度も旦那が言うような

 

ひどい人だと思えなかった。

 

(まぁ・・・これは後々、旦那が全部悪かったからだって原因がわかっちゃうんだけど。

 

その話しは、またいずれ 笑)

 

 

 

 

 

話しは戻って(笑)

 

旦那から前妻さんは学生時代からずっと

 

スポーツをガッツリしていた人で

 

ド根性の人や。って聞いたことがある。

 

 

 

 

 

確かに。

 

この後、前妻さんのこの初対面の時に言ってくれた言葉に

 

【女に二言は無し】なのね~!!ハッと感動することとなるのでした。

 

 

つづくドキドキ