シングルマザーの気持ち

旦那が亡くなった後にしなきゃいけないこと ~ご挨拶回り編~

こんにちは。美聖(みしょう)ですニコニコ

 

 

 

 

 

旦那が亡くなり、葬儀・収骨も滞りなく?(笑)無事終わって

 

ホッとしていたのもつかの間

 

ここからが大変だったあせる

 

 

 

 

 

まず、在宅看護の時に病院からお借りしていた

 

器械類を病院に返却をしに行きました。

 

 

 

 

 

 

病院の受付で名前を告げ、返却にうかがいましたと言うと

 

受付の方が「少々お待ちくださいニコニコ」と、たぶん担当部署にお電話されてる。

 

 

 

 

 

 

少しの間、待っていると

 

「緩和ケア病棟まで届けに行ってもらえますか?」と言われた。

 

 

 

 

 

はて?受付に預けちゃいけないの??と思いながら

 

思い出がいっぱいの緩和ケア病棟。

 

行ってみたい気持ちもあって「わかりました。」と言って

 

緩和ケア病棟へ。

 

 

 

 

 

 

毎日、毎日通っていた緩和ケア病棟。

 

約1週間振りにも関わらず、ものすごく懐かしく感じました。

 

 

 

 

 

 

ナースステーションに寄って

 

「あの~・・・」とだけ言ったら奥から

 

「あら~~~音譜奥さん音譜音譜」と聞きなれた声がキョロキョロ

 

 

 

 

 

 

担当してくれていたT看護師さんでした。

 

「ちょっとは落ち着いた?わざわざここまで持ってきてもらってゴメンね~!

 

実は先生が奥さんが来られたんだったらお顔見たいって言われてウインク」と言われた。

 

 

 

 

 

 

すると、奥の個室からヒョコッと主治医の先生が顔を出して

 

「あら~~~音譜よ~来てくれたね~~爆  笑

 

いろいろ大変やったやろ?

 

お疲れ様ドキドキ

 

お元気そうな顔見てホッとしたわ~~音譜」と言ってくれた。

 

 

 

 

 

 

ええ・・・皆様、ご想像通り。

 

感激屋の美聖さん号泣・・・(笑)

 

 

 

 

 

 

なんて、あったかい人達なんだろうと思った。

 

ここは病院で、この人達は毎日

 

私たちと同じように病気と戦っている人達を

 

助けたり

 

見送ったりしているから

 

一人一人と深く関わる余裕がなくて、当たり前だと思うのに

 

私たちのことを覚えていてくれて

 

気にかけてくれていた。

 

 

 

 

 

 

その気持ちが本当にうれしくて

 

たまたまお世話になったのがきっかけだった病院だったけど

 

ここで旦那の最期を迎えられて

 

本当に良かったと心底思いました。

 

 

 

 

 

 

私が廊下から見えなくなるまで、ずっと手を振って見送ってくれた

 

先生と看護師さん。

 

最後の最後まで、ここの病院には私は良い思いしかないです。

 

 

 

 

 

 

 

返さなければいけないものをちゃんと返却できて

 

心ハレバレの美聖さんニコニコ

 

 

 

 

 

 

さて、あとは諸々の手続き関係だけだわ音譜

 

と、それがどれだけ大変なことなのか

 

この時には知る由もない美聖さんなのでした(笑)