シングルマザーになって初めてのお仕事

こんにちは。美聖(みしょう)ですニコニコ

 

 

 

 

 

旦那がガンで亡くなって四十九日も無事終わり

 

満中陰のお礼などは全て葬儀屋さんがサクッとしてくれて

 

なんとかシングルマザーの生活を始めることができた美聖さんチョキ

 

 

 

 

 

 

旦那は亡くなる2年前から入退院を繰り返していたから

 

一人で日々に出てきた問題を乗り越えることは

 

慣れていたつもりでいたけど

 

本当に旦那がいなくなっちゃったら

 

「なにが」っていうのはではなくて漠然と

 

すごく不安な気持ちになっていた。

 

 

 

 

 

 

 

アカンたれで、弱っち~人だったけど

 

気持ちの支えにさせてもらってたんだな~私。と

 

 

 

 

 

 

亡くなった後に、日に日に旦那を感謝する気持ちが大きくなった。

 

 

 

 

 

 

でもね~パー

 

ウチにはまだ、小さい子供がいてるから

 

正直、ず~っと悲しんでいられる余裕が生活の中になかった。

 

 

 

 

 

 

 

そして、旦那の最期らへんから初めてやりだした

 

ネットショップのお仕事を軌道に乗せなきゃDASH!

 

これから親子2人(と犬1匹)が生活していけるように

 

稼がなくっちゃプンプングーっと

 

気が張っていたから、ヘニャヘニャにならずに済んだ。

 

 

 

 

 

 

 

この時、私がしていたネットショップは

 

海外ブランドのドレスを販売していましたドレス

 

(今はもう閉めちゃったんですけどね。)

 

 

 

 

 

 

旦那が在宅看護で家に居てた時から始めたお仕事なんだけど

 

ずぇ~~んぶビックリマーク自分一人で作ってました。

 

私は元美容師さん⇒受付嬢⇒営業職と

 

はっきり言ってパソコンなんて全く必要無い職業を渡り歩いてきて

 

なんでネットショップ制作を自分でする仕事選んでんねんはてなマークって話しですが(笑)

 

 

 

 

 

 

だから、最初はなんのこっちゃサッパリわからない。

 

そこから始めて、ネットショップが出来上がった時は

 

ホンマ感動したな~~照れ

 

 

 

 

 

 

 

旦那に「ねぇねぇ音譜見て見て~音譜音譜」と

 

少し出来ては見せてって、してたけど

 

その度に旦那は

 

「美聖ちゃんびっくりすごい!すごい!!」ってほめてくれて

 

「美聖ちゃんはこういう仕事、向いてるよ~音譜がんばれ~~バイバイ」と言ってくれてたから

 

旦那の遺言だと思って

 

旦那が亡くなってからもガンバって運営してた。

 

 

 

 

 

 

ホンマにここだけの話し・・・

 

取り扱っているのは

 

ホンマモンのドレスだったんです。

 

こんなん↓

 

 

いわゆる海外セレブなんかがパーティで着てるパーティドレスっちゅ~やつです。

 

 

 

 

 

 

・・・私・・・こんなドレス着て行くようなパーティに

 

行ったこと ありません滝汗

 

 

 

 

 

 

正直、日本でこんなドレス、買う人いてるのだろうか?

 

と思っていました。

 

 

 

 

 

しかも、奥さん!

 

一着5万円とか10万円とか平気でするんですよ!!

 

 

 

 

 

ところが、私の予想に反してバカ売れしましたチュー

 

なぜかはてなマーク

 

理由は簡単で、私は個人輸入で海外から直接仕入れていたので

 

現地価格プラスαの価格で販売していたんだけど

 

日本で普通に店舗で買ったら、その値段の3倍するのよポーン

 

ウチのネットショップが他より安かったからです(笑)

 

それでちゃんと利益も出る価格でした。

 

(・・・っていうか、正規販売店ボッタクリ・・・

 

 

 

 

 

 

ビギナーズラックだかなんだか・・・いきなり軌道に乗ったネットショップ。

 

そんな時、1本の謎な電話がショップの電話番号にかかってきた。

 

「そちらの住所は〇〇で間違いないですか?」

 

い、いきなりなんや~?と思ったけど

 

営業用の甲高い声で(笑)「はい。そうです音譜」と答えると

 

ガチャンと切れた。

 

 

 

 

 

この時は、なんだったんだ?とは思ったけど

 

深くは気にしなかった。

 

後々、えらいことになる序章だったのだけど(^^;)

 

 

 

 

 

 

このショップがそれから先の私に

 

たくさんの学びを与えてくれることになるのでした。

 

そのお話しはもう少し先にさせていただきますねニコニコ