シングルマザーの気持ち

シングルマザーはたくましく生きるのだ!

こんにちは。美聖(みしょう)ですニコニコ

 

 

 

 

 

癌で亡くなった旦那を見送ってから半年近くが経って

 

収入の柱になっていたネットショップのお仕事を失い

 

アマゾン販売をして、なんとか収入を得る手立てをつかんだ私。

 

 

 

 

 

だけど、なんでもかんでも売れるってもんじゃない。

 

アマゾンでは売れんわなショックっていうものも

 

ゴロゴロある。

 

家の中に。

 

しかも無駄に場所を取る(笑)

 

 

 

 

 

 

ど~したもんかな~~・・・えーと考える。

 

タダで捨てる気はさらさら無い爆  笑

 

そんな時、実弟が私たち親子の様子を見に訪ねてきてくれた。

 

 

 

 

 

 

弟が私の手料理をパクつきながらカレー

 

「ところでお姉ちゃん。

 

前にやってた整体院の器材どうすんのはてなマーク

 

けっこうデカくて邪魔なんだけど・・・あせる

 

 

 

 

 

 

 

そうなんです。

 

旦那が亡くなるまで営んでいた整体院で使っていた器材などは

 

当時、勤めてくれていたスタッフの子の紹介で

 

治療院の器材を買い取ってくれる業者さんに査定してもらって

 

買い取ってもらったのですが

 

買い取り価格もつかない

 

パー

 

逆に処分するお金を払わなきゃいけないっていうものも

 

けっこうあって。

 

 

 

 

 

 

弟の家には物置場があったから、とりあえずはそこに置かせてもらってた。

 

でも。一つ一つがドデカいのよね(^^;)

 

さすがに邪魔だろ~な・・・あせる

 

 

 

 

 

 

 

すると弟が

 

「僕がヤフオクに出してあげようか?」と言ってくれたびっくり

 

 

 

 

 

 

 

 

おお~~~ビックリマークヤフオク!!その手があったか音譜

 

 

 

 

 

 

弟は、一言で簡潔に言うと

 

「オタク」なんです爆  笑

 

だから昔からヤフオクのヘビーユーザーなんです(笑)

 

そういうところも亡くなった旦那とそっくりで

 

旦那と弟は、私にはよく(というか全く)わからないフィギュアだの

 

中古のカメラだののことで2人でメッチャ話しの花を咲かせていた(笑)

 

だから、欲しいものは買うし、いらなくなったものはヤフオクで売ってた。

 

 

 

 

 

 

 

「え!?いいの??」と聞くと

 

「ええよ~~OK売れたら、お姉ちゃんに売れたお金渡したらいいんやろ?」って

 

アンタは良い子や~~~笑い泣き

 

拝みたくなるよ~~~~拍手

 

 

 

 

 

 

 

ということでパー

 

 

 

 

 

 

 

弟が出品するモノの写真も撮ってくれて

 

出品もしてくれて

 

私はただ、売れたよと弟から連絡が来るのを

 

ボ~~っと待っているだけだったデレデレ

 

 

 

 

 

 

それが皆さん!!

 

 

 

 

 

ビックリなんですが数十万で売れたのよ~~ポーン

 

専門的なモノは高値で売れるということを初めて知りました。

 

欲しい人はどんな値段でも欲しいんですね上差し

 

ホンマに私が知らない世界ってまだまだいっぱいあるんだな~と思いました。

 

 

 

 

 

 

いや。ま~・・・

 

けど、儲かったってわけではないんですよね。

 

厳密に言うと。

 

 

 

 

 

 

 

中古でそれだけの値段が付くものを

 

旦那は自分の趣味のモノから仕事で使うものまで

 

買いまくっていたわけです。生前。

 

私の長年貯めてきた貯金を切り崩してむかっむかっ

 

全て我が家が所有していた物で新しく仕入れた物ではないということは

 

そんだけ大枚はたいて買っていたということで・・・笑い泣き

 

昔に出したお金が私の元に帰ってきたという感覚のほうがあった(笑)

 

 

 

 

 

 

だけど。

 

何も知らずにそれこそゴミとして処分していたら

 

今現在の収入にはならなかったわけで・・・

 

なんとなく割り切れない思いもありながら

 

旦那・・・あの世から散財したことの罪滅ぼししてくれてるんやろかはてなマーク

 

一人でプッチューDASH!と吹き出して許してあげることにしましたグッド!

 

 

 

 

 

 

そんなこんなでドヨ~~ンドクロと落ち込んでいた気持ちも

 

少し前向きになれた頃

 

旦那の新盆を迎えることとなったのでしたニコニコ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。