たぶん娘の救世主現る

こんにちは。美聖(みしょう)ですニコニコ

 

 

 

 

 

5年半もの間、通い続けた

 

娘の保育園生活も終わり

 

今度からは小学校生活。

 

 

 

 

 

もう・・・ホンマに未知の世界でした。

 

私からしたら。

 

 

 

 

 

なんせ、自分の小学1年生くらいの

 

記憶がほとんどない。

 

 

 

 

 

しかも、私の両親は超~~放任主義な人達だったから

 

語弊があるかもしれないけど

 

ガッツリかまってもらった記憶も無い。

 

 

 

 

 

 

なんか、勝手に小学校行って

 

勝手にお友達作ってっていう感覚しかなかった。

 

 

 

 

 

だけど、いざ自分が親の立場になったら

 

「今まで車で保育園まで送り迎えして

 

近所にもお友達はいないから

 

娘一人で家の外に出たこと自体ほぼないのに

 

どうやってウチの子、小学校の行き帰りをするんだ??」という

 

 

 

 

まず そこはてなマーク滝汗

 

 

 

 

 

ってな状態でした。

 

 

 

全然、放任できへんがな・・・笑い泣き

 

 

 

 

 

そして、小学校入学前に

 

学校で父兄に向けての

 

学校生活の説明会があった。

 

 

 

 

 

もちろん行くさ走る人走る人走る人

 

どんな用事や仕事ほっぽっても行ったさDASH!DASH!DASH!

 

 

 

 

 

 

まず行ってビックリしたのが

 

父兄の数の多さびっくり

 

え・・・あせる

 

今日って説明会ということは

 

ここにいる人みんな

 

新入生の親御さんよね・・・滝汗

 

数がハンパないんですけど・・・。

 

 

 

 

 

すると先生が壇上に立って

 

「今年は少し少なめの120名の新入生を

 

迎えることになりました。」と・・・。

 

 

 

 

 

な・・・なぬ~~~ポーン

 

 

 

 

 

この時、まだまだ先の

 

運動会のことまで頭をよぎった。

 

1学年で120人って6年生までだったら

 

どんだけの数やねんガーン

 

そんなん、写真1枚撮られへんのとちゃうやろか・・・ガーン

 

 

 

 

 

とか思っていると

 

まるで私の心の中を見ているがごとく先生が

 

「全校で800人いますから

 

大勢のお兄さん・お姉さんが

 

新入生が来るのを楽しみにしてくれています爆  笑

 

 

 

 

 

・・・って先生・・・

 

今 私・・・そんなポジティブな気持ちに

 

全然なれないんですけど・・・

 

 

 

 

 

ひゃ・・・120人びっくり

 

 

 

 

 

少子化とかって、どこの国の話やねんえーん

 

 

 

 

 

 

800人が在籍する学び舎だから

 

学校もめちゃくちゃ大きい。

 

ウチの子・・・学校の中で迷子になれへんやろか・・・汗

 

本気で心配しました。

 

 

 

 

 

 

そして、説明が続き

 

朝は集団登校。

 

帰りはウチの子は学校内にある学童に行くので

 

学童から集団下校で帰ってきてくれるらしい。

 

ホッとした。

 

 

 

 

 

ん・・・はてなマーク

 

いやいやいやいや!

 

待て待て待て待て~~パー

 

 

 

 

 

朝、集団登校で集まる場所まで

 

娘はどうやって行ったらいいんだ??

 

けっこうな距離があるぞゲッソリ

 

 

 

 

 

 

そんな不安な気持ちが解決したんだか

 

余計に膨らませに行ったんだか

 

わからない説明会から帰宅して

 

悶々とした気持ちを引きずりながら

 

ワンコの夕方のお散歩をしていると

 

 

 

 

 

 

向こうから我が家の2軒隣に住む

 

悪ガキいやいや4年生になる

 

やんちゃなお兄ちゃんが来た。

 

 

 

 

 

この子が近所でも評判のやんちゃさんで

 

少し前まで近くの公園のトイレの屋根に登って

 

近所の人に怒られてたりしてる姿をよく目撃していた。

 

 

 

 

 

最近は、そういや~、鳴りを潜めているな~~とか思ったけど(笑)

 

そのお兄ちゃんが近づいてきて

 

 

 

 

 

「おばちゃんのところの女の子って

 

今度から小学校なん?」と聞いてきた。

 

 

 

 

 

 

諸々の小学校からの不安材料の多さに

 

凹んでいた私は

 

「そ~やねん。でも、ウチの子、

 

集団登校の場所までちゃんと行けるか

 

まずそこから不安やわ・・・あせる」と

 

 

 

 

 

なんとビックリマーク10才の子にグチる私・・・笑い泣き

 

 

 

 

 

 

すると、お兄ちゃんが

 

「おばちゃん。ボク、家まで

 

毎朝迎えに行ったろか~はてなマーク」と言ってくれた。

 

お兄ちゃんの後ろに後光が差した気がして

 

 

 

 

 

思わず拝んだね。あたしゃ~お願い

 

 

 

 

 

 

この言葉にどれだけ気持ちが救われたか。

 

そっか。お兄ちゃん、やんちゃくれだったけど

 

大人になったのね(笑)

 

散々お礼を行ってお兄ちゃんとお別れしました。

 

 

 

 

 

 

私は自分の親のことを

 

今までホンマにほったらかしの

 

子育てしてくれてたと思っていたけど

 

こうやって、お母さんも私が知らないところで

 

ドキドキしたり、モヤモヤしたり

 

いろんな経験を実はいっぱいしてたのかな~?なんて

 

ちょっぴり思った春の日でしたガーベラ

 

 

 

 

 

 

★旦那とのガン闘病記の目次を作りましたニコニコ

 

こちら→旦那とのガン闘病記の目次はこちら♡

 

 

 

 

 

美聖があなたのお話しをお聞きします♪

美聖と直接会ってお話しする:場所は大阪市内 限定です。
美聖とスカイプかLINE電話でお話しする:全国どこでも通話料無料です。

詳しくはこちらをご覧ください↓
一人ぼっちでガンバっちゃってる あなたへ

お申し込みはこちら↓
お申し込みフォーム