美聖プロフィール

忘れられない父の遺影事件

こんにちは。美聖(みしょう)ですニコニコ

 

 

 

父が亡くなった18年前のお話しです。

 

 

 

昨日のつづきです音譜

 

昨日の記事はこちら→ポ~~ンともらった金額は・・・

 

 

 

 

いきなり大金を渡され呆然としていると

 

会社の方が

 

「美聖さん。一つだけお願いしたいのですが

 

お父様の遺影に使用する写真だけご用意くださいニコニコ」と

 

会社の人達は今あったことは

 

何事も無かったかのように社長さんが帰られてから

 

粛々と準備を始められた。

 

 

 

 

 

ハッ・・・ハッ

 

遺影ね・・・遺影・・・

 

アカン・・・びっくりして

 

遠い世界に行ってしまってた滝汗

 

 

 

 

 

 

そんなことしてる間に親戚の人達も

 

到着した。

 

 

 

 

 

その中に私より2才上の従姉♀がいてたので

 

母を教会に残して

 

従姉と私の二人で父の遺影に使うための

 

写真を探しに実家に一旦帰ることにした。

 

 

 

 

 

従姉とはそんなにしょっちゅう会うことはなかったけど

 

すんごいアネゴ肌でサバサバしてるけど

 

メッチャ楽しい人だから私は大好きだった。

 

 

 

 

 

 

そして、実家に2人で到着すると

 

母が「お父さんは家の金庫に

 

自分の遺影用の写真を入れておいたからパー

生前言っていたよニコニコ

 

と聞いていたので

 

実家にある家庭用の金庫・・・

 

こんなの↓

 

 

をダメ元で開けようとした。

 

 

 

 

 

 

なんでダメ元かっていうと

 

この金庫。

 

ダイヤルの数字を合わせないと

 

鍵があっても開かないんだけど

 

 

 

 

 

お父さん・・・遺影の写真の場所は

 

母に伝えたのに

 

ダイヤルの番号を教えていなかった・・・チーン

 

 

 

 

 

 

やっぱり・・・というか

 

当たり前だけど、適当にダイヤル回しても

 

びくともしない(笑)

 

 

 

 

 

 

なんとか開かんかなはてなマークはてなマーク

 

と悪戦苦闘してると従姉が

 

「美聖ちゃんおいで

 

ここに叔父ちゃんの写真があるよ~~口笛」と

 

本棚の空きスペースに置いてある

 

A4サイズの封筒に入った

 

1枚の写真を見つけてくれた音譜

 

 

 

 

 

それは、父の役員就任パーティに出席した時に

 

記念にカメラマンさんが

 

父一人を撮ってくれた写真だった。

 

 

 

 

 

2人で「あったね~音譜

 

写真の大きさ、ちょうど良くない~はてなマーク

 

これにしちゃおうか音譜音譜」と言って

 

封筒から出した、その写真に写る父を見て

 

従姉と二人で愕然として無言になってしまった・・・。

 

 

 

 

写真の父は

 

満面の笑みで

 

首元は

 

な・・・なんとビックリマーク

 

レインボーに輝く勾玉色の蝶ネクタイビックリマークビックリマーク

 

 

 

 

 

 

私と従姉は顔を見合わせ

 

「こ・・・これ・・・真顔にしちゃう・・・はてなマーク

 

遺影・・・タラー

 

あまりにおめでたい感 満載な上に

 

その風貌から連想するのは

 

【怪しいマジシャン】な写真に躊躇した。

 

 

 

 

 

 

そして2人が出した答えは

 

「ま・・・いっか音譜音譜」(笑)

 

 

 

 

 

 

葬儀も何もかも終わり、

 

ずいぶん後になってから

 

カギ屋さんを呼んで金庫を開けてもらったら

 

中に入っていた父が遺影に使ってほしかったであろう写真は

 

昭和の銀幕スター気取りのポージングで上差し

 

まさにビックリマークこんなの↓

 

 

ちなみに父は若い頃、

 

【中井貴一さんのお父様の佐田啓二さん】にそっくりだった。

 

顔は二枚目の男前だったんです。

 

ど~でもいいけど・・・爆  笑

 

 

 

 

 

それでも、顔は画像修正しまくっていて

 

もはや誰かわからない

 

全く知らない人物になってるし

 

四十九日の時に

 

従姉にその写真を見せたら

 

「虹色の蝶ネクタイのほうが、

 

叔父ちゃんらしくて良かったよ爆  笑」と言ってくれたので

 

ちょっと、ぶっ飛んだ遺影になっちゃったけど

 

私と従姉のお気に入りということで

 

今でも実家の壁に掛けてます(笑)

 

 

 

 

 

 

・・・ということで

 

準備は全部整った。

 

そして、お通夜の日を迎えた。

 

 

 

 

 

本当に大きな教会の建物だったから

 

広くて楽チン音譜とか思ってました。

 

 

 

 

 

ところがビックリマーク

 

お通夜開始の時間が近づくと

 

弔問客が増える・・・

 

増える・・・

 

増える~~~!ガーンガーン

 

 

 

 

 

お通夜だけで600人あせるあせる

 

な・・・なんだ~~!?

 

どうなってるの~~あせるあせるあせる

 

 

 

 

 

 

なんと本社の人が

 

当時はメールとかまだ普及してない頃だったから

 

父の葬儀内容をFAXで

 

全国の子会社や関係会社に一括送信したらしい・・・。

 

 

 

 

 

そして、平日だったから

 

夜しか来られないという方も多く

 

受付は会社の方がしてくれていたけど

 

後から見させてもらったら

 

お香典がポーン

 

 

 

 

 

1人で10何万、入れられている人が

 

一人、二人ではなく大勢いらっしゃったポーンポーン

 

 

 

 

 

中には、1人でお香典50万円・・・ガーン

 

 

 

 

 

 

だけど、この日

 

私が一番うれしかったのは

 

私が勤めていた会社の社長さんが

 

会社の全社員を引き連れて

 

お通夜に来てくれたことでした。

 

 

 

 

 

そして、みんな私の手を取って

 

「美聖さん、よく頑張ったねえーん辛かったねえーんえーん」と泣いてくれたこと。

 

みんなの気持ちが本当にありがたかったですニコニコ

 

 

 

 

 

そして、翌日は

 

いよいよ社葬を迎えることになるのでした。

 

 

 

 

 

 

★旦那とのガン闘病記の目次を作りましたニコニコ

 

こちら→旦那とのガン闘病記の目次はこちら♡

 

 

 

 

 

 

美聖があなたのお話しをお聞きします♪

美聖と直接会ってお話しする:場所は大阪市内 限定です。
美聖とスカイプかLINE電話でお話しする:全国どこでも通話料無料です。

詳しくはこちらをご覧ください↓
一人ぼっちでガンバっちゃってる あなたへ

お申し込みはこちら↓
お申し込みフォーム